絵は語る 高雄観楓図屏風

高雄観楓図屏風 絵は語る

Add: nusiba37 - Date: 2020-11-23 13:32:06 - Views: 6984 - Clicks: 3784

12 絵は語る 9. 《高雄観楓図屏風》は、幕末・明治期の政治家で五ヵ条の誓文の起草者であり、文部大臣を務めた福岡孝弟(たかちか、)が所有していたといわれ、Googleの「Art Project」でも《Maple Viewers(観楓図屏風)》として公開されている。その「Tokyo National Museum」111件の最初に表示されており、「Gigapixel」では拡大表示によって人物の髪の毛や、絵具の乗り具合といった細部を見ることができる。この《高雄観楓図屏風》という国宝は、日本人よりも案外外国人の方が多く目にしているかもしれない。 戦国時代の乱世の代に描かれた屏風絵は、過ぎ去り、消え去ることへの怖れが、作画を促し平穏な日常を思い起こす記録にもなり、生きる力を強化させたのだろう。楓の豊かな高雄が古えから無何有の郷(むかうのさと)であることを、時を超えて共感することもできる。乳を赤子にふくませる女性の眩しい姿、あの白い山の輝きが重なり合う。母性の記憶が甦ってくる。 東京学芸大学教育学部教授。1952年東京都生まれ。1977年東京大学文学部美術史学科卒業、1979年同大学大学院人文科学研究科日本美術史専修課程修士課程修了。同年東京国立文化財研究所(現独立行政法人国立文化財機構東京文化財研究所)研究員、年より現職。文学修士。専門:日本美術史(中近世絵画史)。所属学会:美術史学会、文化資源学会ほか。主な編著書:『永徳・等伯(新編名宝日本の美術20)』(小学館、1991)、『絵は語る(8)狩野秀頼筆《高雄観楓図屏風》:記憶のかたち』(平凡社、1994)、『好古家たちの19世紀:幕末明治における《物》のアルケオロジー(シリーズ近代美術のゆくえ)』(吉川弘文館、)、『日本の美術(No. 絵は語る ; 8 Catalog.

Amazonで鈴木 広之の絵は語る (8) 高雄観楓図屏風-狩野秀頼筆 記憶のかたち-。アマゾンならポイント還元本が多数。鈴木 広之作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 1 絵は語る 13. 高雄観楓図屏風 : 狩野秀頼筆 : 記憶のかたち. 応仁の乱()によって荒廃した都が復興していく16世紀半ば、室町から安土桃山時代の初頭に、幅広い分野で制作をしていたのが狩野派の画家・狩野秀頼であった。1569(永禄12)年に治部少輔(じぶのしょうゆう)という冠位を得たが、その実像は正確に把握されていない。狩野元信の次男乗信(じょうしん)とも考えられるが、秀頼の子である真笑(しんしょう)も「秀頼」の印章を用いていたことから、元信の孫にあたる真笑を秀頼とする説もある。秀頼は、東寺絵所として代々絵仏師を務める本郷家へ養子に入り、1534(天文3)年東寺の絵師となった記録はあるものの、狩野家に戻り父の元信・弟の松栄()を支えていたようだ。 大和絵と漢画の技法を兼帯した狩野派の作風を踏襲しながら、秀頼は濃厚な彩色とデフォルメした骨太の人物像など厚ぼったい画風を特色としており、《渡唐天神像(ととうてんじんぞう)》(個人蔵)や《酔李白図(すいりはくず)》(板橋区立美術館蔵)、《神馬図(しんめず)》(島根県賀茂神社蔵)などを制作した。生年は不明だが73歳で没したと伝えられる。. 観楓図屏風(部分) 紅葉の名所として名高い高雄の清滝川のほとり、紅葉の下で着飾って酒食を楽しむ男女や僧の姿と、寺社へ向かう橋を前景に描く。現在では失われた対となる屏風には、春夏の景物が描かれていたと推測されている。. 高雄観楓図屏風 : 狩野秀頼筆 : 記憶のかたち 種類: 図書 責任表示: 鈴木廣之著 出版情報: 東京 : 平凡社, 1994.

京都・高雄の楓は美しい。初夏に京都北西部に位置する高雄の古刹、神護寺を訪ねたことがある。古来紅葉の名勝として知られる高雄だが、青もみじの葉が幾重にも連なり、やわらかな新緑がキラキラと爽やかだった。その後この高雄を描いた《高雄観楓図屏風》(東京国立博物館蔵)という不思議な屏風に出会った。 薄茶色の屏風の左上に目立って白い部分があった。なまめかしい豊かな乳房形に象られたその白い色面が気になっていた。改めて実物を眼前にして一歩絵の中に入ってみると、白い雪をたたえた山だった。それが雪山であることはわかったが、なにやら妙な風情を感じる作品であることに変わりはなかった。描かれている人物や風景の一つひとつが、問いを投げかけてくるようだ。ここは高雄のどこか、中国風にも見える人々は楽しげに何をしているのか、なぜ男女が分かれているのか、橋の存在も意味深げではないか。細部を見るほどに疑問が湧いてくる。 紅葉を観賞するという主題にしては、楓の葉は大きいが、木は6本と少なく、画面の三分の一は雲に覆われている。高雄の春夏と秋冬を描いた六曲一双なら右隻・左隻の屏風として四季のダイナミズムも生まれたろう。だが、これは六曲一隻の屏風絵であり、しかも国宝である。 絵師の名は、狩野秀頼という初めて知る名だった。未知の国宝を解明できないものかとネットで検索すると、大胆にも《高雄観楓図屏風》の上に直線を20本以上引き、作品理解に果敢に挑むブログがあった。おかげで絵との距離が一気に縮んだ。また同時に、楽しそうな紅葉狩りでは済みそうもない、屏風絵に託された不思議を探求したくなった。 国宝《高雄観楓図屏風》については、思いのほか著述が多くなかったが、『絵は語る(8)狩野秀頼筆《高雄観楓図屏風》:記憶のかたち』(1994)の著者、鈴木廣之東京学芸大学教授(以下、鈴木氏)は、20年前に本書でこの絵に対する疑問を列記されていた。男女分かれての宴、僧侶の素性、橋の上での笛吹き、橋、雁と白鷺、この情景を描いた意味等々。その後、疑問は晴れたのだろうか。中近世絵画史を専門とする鈴木氏を東京・小金井市の東京学芸大学に訪ねた。 鈴木廣之氏. タカオ カンプウズ ビョウブ : カノウ ヒデヨリ ヒツ : キオク ノ カタチ. 高雄観楓図屏風を見ているうちに、高雄を訪ねたくなって神護寺を訪ねることにした。それは、12月に入り見頃の紅葉狩も終焉の頃であった。 もうそろそろ観光客の方も少なかろうと思いきや、そうは問屋は卸さなかった。. 高尾観楓図屏風:狩野秀頼 狩野秀頼は狩野元信の次男として生まれたが、当時絵仏師をつとめていた本郷家の養子になった。 そんなこともあり、秀頼の画風は、狩野本流とはいささか違う趣を呈している。.

7×19cm 1994年 状態:目立った汚れはありません。. 鈴木廣之著 (絵は語る, 8) 平凡社, 1994. 阿弥陀聖衆来迎図 : 高野山 : 夢見る力 4. 絵は語る8 狩野秀頼筆 高雄観楓図屏風 記憶のかたち 鈴木廣之/著 平凡社 ハードカバー 107p 24. 源頼朝像 : 沈黙の. 鈴木氏は、子どもの頃より絵が好きで中学、高校と美術部に入り油絵を描いていた。1952年東京・大森生まれ、学園紛争があった青春時代、絵描きでは食べていけないことを父親から諭され東京大学へ入学。美術史というものがあることを知り専攻した。辻惟雄先生が1970年に出版した『奇想の系譜:又兵衛─国芳』に影響を受けて、狩野内膳の《豊国祭礼図屏風》(豊国神社蔵)と伝岩佐又兵衛の《豊国祭礼図屏風》(徳川美術館蔵)とを比較研究して卒論を書いた。1979年同大学院を修了し、東京国立文化財研究所(現東京文化財研究所)の情報資料部写真資料研究室へ研究員として就職。美術に関する画像アーカイブを制作する仕事などを経て、年より東京学芸大学で日本美術史を学生に教えている。会員2,400名を擁する美術史学会の代表委員を務める。 《高雄観楓図屏風》は、年1回展示されていたため学生時代から見ていたという。「あーこれか」という感じだった。イギリスの出版社が刊行した『Art in Context』(Penguin、London)をもとに企画されたという「絵は語るシリーズ」は、巻末に付いている絵を見ながら文章を読めるように工夫されていた。鈴木氏は《高雄観楓図屏風》を執筆担当することになり、新たに屏風絵を見直したと言う。「何だこれは」と面白くなり、調査が始まった。. 2 形態: 105p ; 25cm 著者名: 鈴木, 廣之 シリーズ名: 絵は語る ; 8 書誌ID: BN10385814 絵は語る8 狩野秀頼筆 高雄観楓図屏風 記憶のかたち 2,000円(税込) 絵は語る9 俵屋宗達筆 松島図屏風 座敷からつづく海. See full list on artscape.

国宝 観楓図屏風 狩野秀頼筆 室町~安土桃山時代・16世紀 (~年12月11日展示) (注)以下画像はすべて観楓図屏風(部分) 画面右上の雲間にみえる伽藍が神護寺のものとするならば、ここは京の洛北、紅葉で名高い高雄でしょうか. 画中に押された印章から、狩野秀頼筆とわかる。元信の次男の秀頼とする説、孫の秀頼とする説がある。 画面右奥の伽藍は京都・高雄の神護寺、左奥の雪に閉ざされた参道は、愛宕神社に続く道と見られ、一般に「高雄観楓図(たかおかんぷうず)」と呼ばれている。. 高雄観楓図屏風 : 狩野秀頼筆 : 記憶のかたち. 国宝『観楓図』 古くから紅葉の名所として名高かった京都の高雄で、紅葉狩りを楽しむ人々の姿を描いた風俗図屏風。 画には「秀頼」の印があり、狩野元信の次男(孫説もある)の狩野秀頼の作だとされる。.

ですけど、高雄観楓図屏風は、そうそう見る機会はないでしょう。 昼前に阪急で河原町について、京阪の祇園四条駅に行くとラッキーなことに「おけいはん」は特急で、次の駅は七条。. 鈴木廣之 『絵は語る8 狩野秀頼筆 高雄観楓図 ─記憶のかたち』 平凡社、1994年、isbn安村敏信 『もっと知りたい狩野派 探幽と江戸狩野派 』 東京美術 〈アートビギナーズ・コレクション〉、 年 、 ISBN. 2 形態: 105p ; 25cm isbn:シリーズ名: 絵は語る ; 8 著者名: 鈴木, 廣之 書誌id: bn注記:. 高雄観楓図屏風 : 狩野秀頼筆 : 記憶の. 狩野秀頼筆高雄観楓図屏風: 資料形態(詳細): 絵は語る 高雄観楓図屏風 Text: 主題: 屏風絵; 日本画--歴史; 狩野, 秀頼: ISBN:注記: 巻末: 高雄観楓図屏風(折り込図1枚) 文献: p104-105: 登録日:: タイトルのヨミ:. 高雄観楓図屏風 : 狩野秀頼筆 : 記憶のかたち 資料種別: 図書 責任表示: 鈴木廣之著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 平凡社, 1994. 狩野秀頼《高雄観楓図屏風》 東京国立 博物館 土佐派《聚楽第図屏風》 (三井家) 慶長期おおらかさ、解放感 現世肯定の生活感情、踊り 一つの季節、屋外が舞台 狩野長信《花下遊楽図屏風》 東京国立 博物館. 仏涅槃図 : 高野山 : 大いなる死の造形 3.

高雄観楓図屏風 を見ているうちに、高雄を訪ねたくなって 神護寺 を訪ねることにした。それは、12月に入り見頃の 紅葉 狩も終焉の頃であった。 もうそろそろ観光客の方も少なかろうと思いきや、そうは問屋は卸さなかった。. 絵は語る 既刊全11冊(2. 2 著者名: 鈴木, 廣之 シリーズ名: 絵は語る ; 8 isbn:注記: 巻末: 高雄観楓図屏風(折り込図1枚) 文献: p104-105. 鈴木廣之1994 『絵は語る8 高雄観楓図屏風―記憶のかたち―』(平凡社) 渡邊雄二1996 「高雄観楓図の一解釈-風俗という表象の文脈-」(『デアルテ』12) 佐藤康宏1999 「高雄観楓図論」(『美術史論叢』16). 高雄観楓図屏風 : 狩野秀頼筆 : 記憶のかたち フォーマット: 図書 責任表示: 鈴木廣之著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 平凡社, 1994. 491 名所風俗画)』(至文堂、)など。 室町時代後期の画家。生没年不明。狩野元信の次男もしくは孫。73歳で没したと伝えられる。本郷家へ養子に入り東寺の絵師になった記録があるが、狩野家に戻り《酔李白図》や《神馬図》などの作品を残す。濃厚な彩色とデフォルメした骨太の人物像など厚ぼったい画風が特色。1569(永禄12)年治部少輔という冠位を得る。代表作:《高雄観楓図屏風》。 タイトル:高雄観楓図屏風。作者:影山幸一。主題:日本の絵画。内容記述:狩野秀頼、16世紀後半、室.

台風のせいでまた被害が出、収入が落ちそうだ。農業だけでは生活できず、年金を合わせてかろうじて食って行ける状態だが、めげずにやって行くしかない。 今回は狩野永徳と同じ時代の屏風絵。少し丁寧に細かい所から調べて行く事にした。 国宝 「観楓図屏風」(高雄観楓図) 狩野秀頼楓. 2 形態: 105p ; 25cm 著者名: 鈴木, 廣之 シリーズ名: 絵は語る ; 8 書誌id: bnisbn:. 高雄観楓図屏風 : 狩野秀頼筆 : 記憶のかたち フォーマット: 図書 責任表示: 鈴木廣之著 出版情報: 東京 : 平凡社, 1994. 鈴木廣之1994 『絵は語る8 高雄観楓図屏風――記憶のかたち――』(平凡社) 馬渕美帆 「狩野秀頼筆〈高雄観楓図〉について――先行図様を利用した制作方法と画面構成法の解明――」(『美術史』148) フロイスの見た京. Bib: BNISBN:Holding items. 。.

絵は語る 高雄観楓図屏風

email: kukavu@gmail.com - phone:(485) 696-4081 x 6465

フードサービス設備・用品ガイド 1998 - 聖徳太子 巻セット

-> 同時代の作家たち 新編 - 広津和郎
-> 井原さんちの英語で子育て - 井原香織

絵は語る 高雄観楓図屏風 - あまりに人間的な まんがで読破 人間的な


Sitemap 1

ブラック役場化する職場 - 三村正夫 - 母子相姦 禁断の愛告白 白書編集部